日本よりも北にあるのに雪が降らないところがある!?

やあ、雪だるまのユキオだよ♪

今回は、「日本より北側にあるのに、雪が降らないところ」に関して答えるよ。

雪も降らないし、日本より暖かいところはパリ

皆は知っていたかな?フランスのパリは、札幌市よりも北に位置しているけど、1年を通して暖かく、冬の寒さもそれほど厳しくないんだよ。

パリなら冬でも寒さに苦しまなくて済むんだ。最高だね!

ヨーロッパの気候

ユーラシア大陸の西側に位置するヨーロッパの国々、なかでも、大陸の西岸に位置するフランスや、スペインなどの国では、大西洋側は暖かい海の流れである、北大西洋の海流の影響を受けて、西岸海洋性気候にふくまれる。

つまり、暖かい風や海流の影響で、ユーラシア大陸の西側は、日本と比べると冬でも暖かい方なんだ。

暖かい風というのは、偏西風のことだね。
偏西風は、西の暑い空気をもってくるんだ。

その暖かい風が通過する位置にあるフランスやスペインは、暖かい地域ということになるね。

地中海性気候の良さ

また、イタリアやフランス、スペインの南部は地中海性気候にふくまれる。

地中海性気候とは、サハラ砂漠から北上してきた高気圧におおわれる気候だ。

だから夏は暑い。
でも、乾燥した空気で、日本の都会の暑さみたいにじめじめしたものじゃない。

だから、肌を焼きにバカンスに行く旅行者もいっぱいいるんだ。

冬は、日本と比べると暖かい。
偏西風によって暖かい空気が運ばれてくるから、冬でも比較的温暖な気候になっているんだ!

ただ、冬は雪のかわりに雨がたくさん降る!雨が苦手な人で冬にイタリア、フランス、スペインに旅行しようと思っている人は要注意だ!

南部は様々な植物が獲れる

冬は震えるほど暑くもなく、程良い気温が保たれているから、冬でもブドウ、オリーブなどの植物が収穫できるんだ。

北海道では雪が積もってガクガクしている時期に、フランスやイタリアでは雪は積もりもせず、長袖一枚で植物を収穫しているんだ。

雪の降っている地域より北の方向にあろうと、海流やその地域に吹く大きな風の影響で、地域の状況は大きく左右されるということだね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ