日本では雪が降っている時期にオーストラリアでは半袖!?

やあ、雪だるまのユキオだよ♪

今回は、「日本では雪が降っている時期にオーストラリアでは半袖を着ている」という事実に関して答えるよ。

日本とオーストラリアは正反対

日本とオーストラリアでは、季節はちょうど反対になっている。
日本が寒い冬のとき、オーストラリアは暑い夏を迎えるんだ。

これは、日本が北半球に位置していて、オーストラリアが南半球に位置しているからだよ!

地球での1年間の太陽の光のあたり方は、地球の地軸がかたむいているからどこでも同じわけじゃなくて北半球と南半球では異なるんだよね。

北半球に日光が多くあたるとき、南半球にあたる日光は少なくなる。
逆に、南半球に日光が多くあたっている時期は、北半球に日光はあまりあたらないということになるね!

つまり、北半球側にある日本に、日光があまりあたらない冬には、南半球側にあるオーストラリアには日光が多くあたる。

日本が冬の時期には、オーストラリアは夏になるってわけだ!

オーストラリアは地域によって気候が様々

オーストラリアの気候は、地域によって大きく異なる。
東部から南部にかけての沿岸地域は、多くの地域が温暖湿潤気候や、西岸海洋性気候という暖かい気候の温帯にふくまれる。

だからオーストラリアの沿岸地域はとてもすごしやすい。

内陸部は、砂漠気候やステップ気候という暑い乾燥帯にふくまれ、ほとんど雨が降らず、きびしい暑さが続く。
だから、内陸部には砂漠や赤土の平原が広がっているんだ。

ここには住めないね!

一方、北部の沿岸地域には熱帯にふくまれることもあって、そうした地域では夏を中心に降水量が多く、北東部には世界最古といわれる熱帯雨林もあるんだ。

北半球と南半球の違い

北半球と南半球とでは、北半球のほうが陸地の面積が多く、地球上の陸地の3分の2が北半球に集まっている。

南半球の80%は、海が占めている。

南半球の陸地には、オーストラリアをはじめ、アフリカの約半分の国々や南アメリカのほとんどの国々があるけど、陸地の約3分の1は、南極大陸が占めているんだよね。

また、北半球では太陽は東からのぼって南よりをとおって西にしずむけど、南半球では東からのぼったあと、北よりをとおって西にしずむ。

月も同様だ。

さらに南半球では、月のみちかけが北半球と異なるんだ。
例えば、三日月や半月の形は日本でみえる形とは左右が反対になるんだよ!

だから、星座も上下さかさまに見える。
ちなみにオーストラリアで見える南十字星という星座は、真逆に位置する日本ではほぼみることができない!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ