雪起こしって?

やあ、雪だるまのユキオだよ♪

今回は、雪起こしに関して考えてみた。

雪起こしとは!?

雪起こしとは、雪が降る前に雷や、強い風が吹くときのことを言うよ。
その雷や、風が雪を起こすという意味で、雪おこしという名前がつけられたんだ。

日本海ではシベリアから吹き出す寒気と海面の温度差で雲が発生して雷が鳴るんだ。
この雲が日本海側に雪を降らせるため、冬の雷は「雪の降る前触れ」と、言えるね。

だから、順番的には雷や風の後に、雪が降るんだ。
そして、大抵、雪起こしの場合に降る雪は強いものが多いと思う♪

別名で、雪おろしとも言うよ♪

朝であろうと、夜であろうと雪起こしはやってくるよ。
地面は雪で瞬く間に真っ白だ。

日本海側に多いけど、雪起こしを体験したことがない人が夜、寝ているときに味わうと雷の大きい音で飛び跳ねるんじゃないかな!

それに、あまりに強いと雷で地震を起こすこともあるよ!

「雪起こし」というだけあって、雪起こしの雷がなると、そこの住民の人達は「これから雪の季節の始まりだな、除雪しないとな。」となるよ。

別名の雪下ろしは、屋根の雪を下におろすという意味から雪おろしとつけられているんだ。
これが豪雪だと高齢の方にはかなり荷が重くて、苦労するみたいだ。

大阪や東京の人は考えたことも無い生活習慣だね!
北部ではそれが当たりまえの地域が多いよ。

大阪や東京といった、雪の降らない地域に住んでいる人からすれば雪おこしはめでたそうにも聞こえるけど、実際に体験する人達からすればめでたいと感じる前に除雪のことや、夜雷がうるさくて寝れないことを先に考えるようだね。

毎年だったら、さすがにそうなるね!

ブリ起こしとも言われる

ちなみに雪起こしや雪おろしは、「ブリ起こし」とも言われるよ。
富山県では雪起こしが始まった時期にブリが獲れるからそういわれている。

ブリはおいしいし栄養価が高いから良いね!僕もブリは大好きだ。

雷でブリもびっくりしているのが目に浮かぶね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ