寒い基準って?

やあ、雪だるまのユキオだよ♪

今回は、「どれくらいから寒いってことになるの?」という質問をネットで目にしたから答えるよ。

寒いと感じるかどうかは人それぞれ

人によって、「これくらいから寒い」「これくらいならまだいける」というのはあるね。
何故なら、身体の新陳代謝や、服を何枚着てるか?で変わるからだよ♪

マイナスだから寒いだとか、雪が降ってるから寒い、というのではないね♪
風邪をひいていたら冬でなくても寒く感じるしね。

ただ、ひとつ言えることは、「暑い」と感じるより「寒い」と感じる方が危険ということだね!
「寒い」と感じる時は身体の免疫力が低くなっていて、風邪をひきやすい!

暑いときは十分に水を摂って頭を冷やしていれば大丈夫だけど、寒いときに風邪をひけば厄介だ。
だから「寒い」と感じたときは無理をせず暖かい服を着ておこう♪

乾布摩擦で身体を温める

寒い冬に勝つには「乾布摩擦」がオススメだよ。
皆は小さい頃、保育園でやらされたことはなかったかい?

あれは実は、かなり理にかなっていて、効果的なんだ。
身体をタオルで擦ることによって身体の血液がうまく循環してすぐ温まることのできる身体にしてくれる。

つまり、摩擦の効果は寒い冬にも対応できるような身体にしてくれる作用があるんだ。
僕も乾布摩擦のおかげでほとんど風邪をひいたことがないよ♪

現代、ただでさえ温暖化が進んでいて気温の変化が激しい世の中になっているから自分の身体は鍛えておかないとね!

温かい食事を摂る

温かい食事を摂るのは、身体全体を温めることになるから、なるべくあったかい食べ物を食べよう♪
寒い日に皆で食べるお鍋は最高だよね。

ただし、熱い物ばかり食べていると食道がやられてしまう可能性があるから、あまりにもあっつあつのものばかりは食べないようにしようね♪

冬でなくても、飲料水はなるべく温かい方が良い。
温かい飲み物は脳の働きを良くするからね♪

冷たい飲料水ばかり飲んでいると便秘や腹痛に繋がるから注意だよ♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ